古座川町地域包括支援センターは、高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心した生活を続けられるように支援を行う総合機関です。住民の皆様の一番身近な相談窓口として、支援を行います。
〜古座川町地域包括支援センターでは、こんなことを行っています。〜
*高齢者の方々の身近な相談窓口として、毎月地域へ出向いて「よろづ相談所」を開催。 相談を受ける以外にも、脳トレクイズ、ゲーム、健康講座や転倒予防のリハビリ教室などで介護予防支援を行っています。
*『認知症サポーター養成講座』は、「認知症になっても安心して暮らせる地域作りをめざす」活動として、一般の方々を対象に小学生から役場や法人職員などの団体、地域交流会の場で開催しています。
*その他の包括支援業務
@介護予防を推進します(介護予防ケアマネジメント)
○要支援1・2と認定された方の介護予防ケアプランを作成します。
○要介護・要支援になる可能性のある方の介護予防ケアプランを作成します。
A高齢者の権利を守ります(権利擁護)
○虐待を防止します。
 虐待を発見した場合の通報、高齢者本人や養護者(介護者)などからの相談を受けて、他の関係機関と連携して、高齢者の権利を守ります。
○悪質な訪問販売等による被害を防止します。
 高齢者にとって身近なケアマネージャーや民生委員、他の関係機関と連携して、消費者被害の早期発見と防止にあたります。
B様々な相談に対応します(総合相談支援)
 高齢者の生活全般に関する相談、高齢者の家族や地域住民の方などからの相談に主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師などの専門職が対応します。
C適切なサービスを提供できるように支援します(包括的・継続的ケアマネジメント)
 ケアマネージャーへの支援や助言、主治医や地域の関係機関との連携などを行い、充実したサービスが提供できるように支援します。
連絡先 古座川町包括支援センター
古座川町川口254番地1(保健福祉センター内)
TEL 0735−67−7611 FAX 0735−72−0172
担当者:矢敷・滝本・田中


前へ戻る

トップへ

Copyright:(c)2004 Takasekai All Right Reserved.